2018年8月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
夏季休診のお知らせ

7月

22日(日)休診日

23日(月)夏季休診

24日(火)  〃

25日(水)  〃

26日(木)休診日

8月

11日(土)祭日のため休診

12日(日)休診日

13日(月)夏季休診

14日(火) 〃

15日(水) 〃

16日(木)休診日

 

診療日
月・火・水・金
  09:00~12:00
    14:30~18:30
 ※診療受付は18:00まで

土 09:00~12:00 午後休診
木・日・祭日 休診
所在地
〒188-0012
東京都西東京市南町5-3-12
 TEL 042-461-8822

 西武新宿線田無駅下車
   南口より徒歩3分

staff

 期日: 2013.9.21  会場:吉祥寺東急イン  参加者:院長
 <テーマ>  <講師>
 1.運動期慢性疼痛の実態と治療の問題点  慶應義塾大学 医学部 整形外科 准教授 中村 雅也先生
 2.慢性痛の治療戦略-NSAIDsとオピオイドをいかに使い分けるか?-  獨協医科大学 医学部 麻酔科学講座 教授 濱口 眞輔先生
 3.
要点:1: 整形外科受診した慢性疼痛の患者さんたちの満足度は低い。再診率も半分以下になる。慢性疼痛で病院、診療所を受診するのは2割で半分は受診しない。2:NSAID潰瘍の42%は無症状。NSAID腎症に注意。
 期日: 2013.9.14  会場:吉祥寺東急イン  参加者:院長、大島岬
 <テーマ>  <講師>
 1.上肢の骨折に対するプライマリケア-早期運動療法の有用性について-  いしぐろ整形外科 院長 石黒 隆先生
 2.高齢者脊柱変形の病態と治療  慶應義塾大学医学部整形外科 准教授 松本 守雄先生
 3.
要点:1:石黒先生手台を使ってのナックルcastを動画でみた。とてもいい方法。真似してみよう。上腕骨近位端骨折の保存的療法としてのリハビリ。とても成績がいい。後療法としても当院でもっと積極的に行いたい。
 期日: 2013.9.12  会場:ホテルニューオオタニ  参加者:院長
 <テーマ>  <講師>
 1.骨粗鬆症治療戦略―最近の動向―  慶應義塾大学医学部 整形外科 特任准教授 宮本 健史先生
 2.「第二次健康日本21」と脊椎疾患-足腰に痛みのある高齢者の割合の減少-  東京医科歯科大学大学院 整形外科学 教授 大川 淳先生
 ①腰部脊柱管狭窄症への対応
 3.「第二次健康日本21」と脊椎疾患-足腰に痛みのある高齢者の割合の減少-  杏林大学医学部 整形外科 教授 市村 正一先生
 ②骨粗鬆症性脊椎骨折への対応
要点:
 期日: 2013.8.31  会場:帝国ホテル東京  参加者:院長、金箱祥子、高橋弥生、大島岬
 <テーマ>  <講師>
 1.思春期の脊柱の変形  北里大学医学部整形外科学 主任教授 高相晶士先生
 2.小児期のスポーツ外傷と障害  慶應義塾大学スポーツ医学総合センター 教授 松元秀男先生
 3.思春期とホルモン~心と身体の発達との関わり~ 日本医科大学大学院医学研究科解剖学・神経生物学分野 主任教授 小澤一史先生
 4.レストレスレッグス症候群と整形外科疾患の鑑別  医療法人社団明寿会雨晴クリニック 副院長 坪田聡先生
 5.虚血肢の救肢治療:大切断はどんな時必要か?  江戸川病院 血管病センター長 笹嶋唯博先生
要点:小児期のスポーツ外傷と障害での講演で、小児に特有の身体の構造やover useという使い過ぎによる障害について勉強した。怪我をした小児は今後競技を続けていくにあたって予防のためストレッチやトレーニングを行うが、それはあくまで予防であって根本的な解決にはなっていない。その競技やポジション、癖や個人の体格によって臨機応変に対応し、それを見極める目や技術を今後とも養っていきたい。(大島岬)
 期日: 2013.6.29  会場:  参加者: 
 <テーマ>  <講師>
 1.関節リウマチを合併したハンセン病患者の2例  国立療養所多摩全生園 内科医師 峰村信嘉先生
 2.軟部腫瘍と鑑別を要した大腿四頭筋腱痛風結節の一例  国家公務員共済組合連合会立川病院 整形外科 林健太郎先生
 3.低分子化合物によるRA治療:JAK阻害薬を中心に  産業医科大学 第1内科学講座 講師 山岡邦宏先生
 4.変形性膝関節症を如何に治療するか-診療ガイドラインと病態update-  富山大学 整形外科 教授 木村友厚先生
要点:
 期日:  会場:西東京中央総合病院  参加者:院長、大島岬
 <テーマ>  <講師>
 1.生活習慣病の管理とリハビリテーション  埼玉医科大学病院 リハビリテーション科 診療科長・教授 間嶋満先生
 -メタボリックシンドローム、心腎関連、脳腎関連、骨血管相関と運動-
 2.
 3.
要点:
 期日: 2013.7.16  会場:田無総合福祉センター  参加者:院長
 <テーマ>  <講師>
 1.胃炎適用拡大に伴う各種検査方法とムコスタ最近の知見  大塚製薬株式会社 診断事業部 高野浩一
 2.H.p感染胃炎が保険適用になった今、診療所の除菌療法の取り組みについて  杏林大学医学部 第三内科 教授 髙橋信一先生
 3.
要点:
 期日: 2013.8.3  会場:京王プラザホテル  参加者:院長
 <テーマ>  <講師>
 1.手根管、肘部管症候群の病態と治療  信州大学医学部運動機能学講座 教授 加藤博之先生
 2.外来診療における骨腫瘍診断の注意点  香川大学医学部整形外科学 教授 山本哲司先生
 3.成人脊椎変形の治療アルゴリズム  浜松医科大学整形外科学 教授 松山ゆきh
要点:

 

期日:2013/06/20 会場:スカイタワー西東京 参加者:高橋
<テーマ> <講師>
1.国立精神・神経医療研究センター病院におけるうつ病治療 国立精神・神経医療研究センター病院 精神科 医長 野田 隆政 先生
2.プライマリケアにおけるうつ病 ~診断・治療・連携~ 国際医療福祉大学 教授 上島 国利 先生
3.
4.
5.
要点:

 

期日:2013/06/11 会場:スカイタワー西東京 参加者:高橋
<テーマ> <講師>
1.腰痛疾患診療のポイント 千葉大学大学院医学研究院整形外科学 折田 純久 先生
2.
3.
4.
5.
要点:
お知らせ

土曜日の再診の受診が予約(順番)制になります。

・新患(初めての患者さま)は、予約はいりません。

・リハビリのみの患者さまも、予約はいりません。

予約開始のお知らせ
☆詳細は予約サイトでご確認ください。
携帯、スマホ予約サイトバーコード

 携帯、スマホ予約サイトバーコード